出会い系サイトジャーナル

出会い系サイトジャーナルは出会い系に関する有力な情報を公開します。

出会い系サイトジャーナル - 出会い系サイトジャーナルは出会い系に関する有力な情報を公開します。

アバターを作ろう

最近の出会い系はアバターを導入しているところが増えてます。
前はプロフィールというと写真だったのですがここ数年は減っています。
その理由としては、ルックスのは好みがあるのでそこで決まってしまうこと。

あとは返って怪しまれてしまうこと。
むしろそちらの理由の方が大きいと思われます。
ではプロフィール画像はないほうがいいのか?

いや、あった方がいいです。
では何を載せればいいの?
いいのは自分で書いたイラストの画像。

それが面倒だという方は、もし出会い系にアバター機能があった場合は使いましょう。
アバターは貴方の化身です。

自分の顔と似たのを作りましょう。
髪型、目、眉毛、鼻、口をそれぞれ設定します。
服も選べるんですよね。

デフォルトのアバターはやめておきましょう。
有料サイトだと課金になりますがやっておいてそれほど損はないです。
アバターがないサイトの場合は、イラストを自分で書く。

えんぴつでもいいです。
それが面倒だという方は、ペットの写真。
それも話題になりますからね。

写真は時代遅れ。自分は写真乗せている人はあまり選びません。
プリクラなんかは非常に奇麗に撮れますからね。

自分で「ほんとにこれ自分???」と思いました。
別人です。
会わない前提で使うにはいいかもしれませんがそれだと出会い系の意味がないですね。

日記を書いてみよう

出会い系には日記機能がついているところがあることは前に挙げましたね。日記機能がついていたら書きましょう。
ペースとしては毎日じゃなくていいです。

3日に1回くらいでいいでしょう。
ネタはそんなに気にしなくていいです。
愚痴とかそういうのでなければOK。

たまには愚痴もいいですが毎日は考えもの。
できれば楽しい話題がいいです。
ネタがないという方は、ニュースや芸能に関する感想でもいいです。

慣れて行けば日記も苦じゃなくなると思います。
コメントがついたら必ずお礼しましょう。
コメント返しもしてあげるといいです。

注意事項としては、ニュースに関してはあまり持論を書きすぎないこと。
相手は引きます。
芸能も誹謗中傷はあまりしないほうがいいでしょう。

とにかくポイントは楽しく書くこと。
文章は適度に改行は入れる。
改行があったほうが読みやすいです。

ま!これはネットだけに言えるはなしじゃない常識です。
ギャル文字はつかないこと。
自己満足ではなく、相手に読んでもらうわけですからこういう配慮は必要ですよ。

その点を注意して書きましょう。あとはマメに更新して相手の日記も閲覧する。
そのうち交換日記みたいな気分を味わえます。

 

昼休みに使ってみよう

出会い系って家に帰ってから、もしくは帰りの電車の中ですることが多いです。
朝って結構寝ちゃってる人が多いのとラッシュだとなかなかやりにくいです。

帰宅までの間と、帰宅後はあたりまえですが昼間も狙い目です。
現在は、スマホの普及によって外出時も出会い系を気軽に使えるようになりました。

帰りに電車だと出会い系だけでなく、ゲームをするというケースも多いです。
ですが昼間はメール中心なんですね。
なので昼間にもメールを送ってみましょう。

以外と返事が来やすいです。
ただし、昼のあんまり遅くに送ると返事はきません。
12時10分から50分までくらいがちょうどいいです。

昼に送っておけばまた夕方や夜につなげれますね。
朝送ると結構返信を忘れられることあるんですよね。
昼間なら比較的リラックスしている。

実は一番最適なんですね。
夕方だと飲みにいっているかもしれない。
夜だと疲れてばたんきゅーかもしれない。

お昼が一番です。
ですがそれ以外の時間も送りましょう。
その最初のメールがお昼が一番いいということです。

実際自分の経験ではお昼が一番返信率が高かったです。

ログイン時間を注目

出会い系サイトにはオンライン情報が載っているサイトがあったりします。
これはあるとすごい便利なのです。
オンライン情報は、ログイン時間を指します。

ログイン中だったら現在サイトにアクセスしているということになります。
15分前だったらログアウトしてから15分という意味です。
要するにログイン中じゃないけどさっきまでしてたという意味なのです。

長い間ログインしてないと3日前以上ということになります。
ここまでくればわかりますよね?
ログイン時間は重要です。

同じメッセージを送るにしてもオンライン中の人と、3日前の人どっちが返事来る可能性あるでしょうか?
それはオンライン中の人です。

たまたま3日前だった可能性はあります。
どうしてもその人に興味がある場合は、何日か様子をみてみましょう。
それもインしていない場合はその人はもう使っていない可能性が高いですね。

3日前の人は、幽霊会員の可能性があるということです。
その人に何通も送っても無駄です。
ポイント制のサイトでしたらお金がもったいないです。

定額制のサイトでしたら問題ないですがあんまり一人の人に時間掛けないようにしましょう。
メッセージを送るときはログイン時間に注意。

それを知っておくだけで有利になりますよ。

 

検索のコツ

前回は検索のコツを書くのを忘れていました。
出会い系には必ず相手検索があります。
ないサイトはないでしょう。

検索のコツでまずは、あまり広域にやらないことです。
まずは同じ都道府県、年齢、出会い目的、趣味は押さえておきます。
年齢と都道府県だけでは効率が悪いです。
その4つは重要です。

年齢で検索する際ですが5歳ずつ分けて行うといいでしょう。
例えば、26歳から30歳ですね。
そして出会い目的です。

それが項目にあったら絶対条件に入れましょう。
だいたいは、メル友、恋人、結婚相手となっています。
結婚したいのにメル友からという人より結婚相手募集という人の方がいいです。

最後に趣味ですね。
趣味は重要です。
あったらこれも条件に入れましょう。
あとは職業で検索可能でしたらそれも条件に入れましょう。

あまり重視しなくていいのはまずは、性格です。
性格に関しては優しいとか、明るいとかありますがこれはあまり当てにならないのです。

もう一つ重視しなくていいのはスタイルですね。
これもごまかしている方がいたりします。
これもあまり当てになりません。

血液型や星座は私はこだわりませんので条件に入れませんでした。
相性が気になるという方は条件に入れてもいいでしょう。
このように検索は広域すぎないようにしましょう。

 

 

相手のプロフィールは覚えておこう

ポイント制のサイトだとプロフィールを閲覧するだけで料金が発生します。
といっても5円くらいです。
しかし、5円でも馬鹿にできません。

プロフィールは同じ人を閲覧してもまた料金が発生します。
なので覚えておく必要があります。
気になる人がいた場合はプロフィール内容を記憶しておきまましょう。

中には、お気に入り機能がついているところがあります。
気になった人はすぐに追加しましょう。
そうすれば最後プロフィールを閲覧する手間が省けます。

また、相手にアプローチする際もプロフィール内容を把握しておくと有利です。
自分のことをよく知っていると好印象です。

逆に理解し過ぎも考えものです。
日記の内容を細かく覚えておくとか、そういうのは逆効果です。
最低限の情報を覚えておくことですね。

年齢はもちろん趣味とかですね。
定額制でもそれは通じることです。
料金だけの話じゃないんですね。

名前は個性的に

出会い系に登録して最初に行うことのひとつは名前の設定です。
名前はありきたりにするのは好ましくないです。
たとえば、太郎とか、けんとか、マサなど簡易なものは避けましょう。

名前が簡単すぎると相手に覚えてもらえません。
では名前はどうするか?
本名じゃなくてもいいと思います。

例えば学生の頃のあだ名などはいいですね。
由来を聞かれたら話のネタになるでしょう。
もし、複数のサイトを使っていたら名前は統一しましょう。

ややっこしくなってきます。
避けるべき名前は有名人、下ネタが入った物です。
アニメのキャラはまだいいでしょう。

とにかく短い名前はだめですね。
太郎???いっぱいいるからわからないってことになります。
どうしても太郎を使いたいなら○○太郎となにかつけるべきですね。

名前の設定を軽くみてはいけません。
自分の分身となるわけですから
しっかり設定しましょう。

プロフィールは手を抜かない

サイトを見ているとたまにプロフィール適当な方がいます・
プロフィールは絶対に手を抜いてはいけません。
HN、性別、年齢だけでは話になりません。

自分でしたらそういう人にアプローチしようと思いますか?
項目は全て埋めるようにしましょう。
自己紹介文もなるべく埋めましょう。

もし、時間がないという方は最低限必要な情報は、HNと性別はもちろん。
年齢、居住地、仕事、趣味です。
年齢と居住地はもっとも重要です。

仕事はやはり気になりますね。
趣味は、つき合って上で重要。
補足として必要なのは血液型、星座です。

これは必須ではありませんが結構占いや相性を気にする方はいます。
現に相手検索でも相性診断というのがありましてその判断基準のひとつとなります。

最後に自己紹介ですがどういう風に書くかを迷いますね。
そこに関してはプロフィールの詳細がいいでしょう。例えば、居住地だと都道府県だけのところが多いです。

○○県○○市の住んでいて都内勤務です。
事務の仕事をしています。
趣味でも例えば音楽鑑賞でしたら○○をよく聴きます。
ライブには行きますので一緒に行ってくれる方を募集します。

とプロフィールを掘り下げてきます。
あとは出会い目的を選択する項目があったら恋人募集を選択したと仮定して
明るい性格の人を募集とかそこも掘り下げます。

このように埋められるとこは埋めましょう。
情報が多い方がより有利になります。
情報が少ないと検索で拾ってもらえず、不利です。